走れ!10年休眠セロー

10年休眠セローにまつわる記録や、日常の出来事など

2005年9月3日 小諸~車坂峠

美味しい蕎麦が、並盛りでも大きな桶に入って供される老舗の蕎麦屋が小諸に有ると言う。netでも数々の報告を目にする事が出来るが、その「桶」の写真が取引先のT社のHさんからメールで送られてきた。確かに「桶」の写真だが、『すっかり食べ終わってから、思い出して撮影したので空になっちゃいました』とのこと。ならば自分で現物を見に行こうと碓氷峠を越えた・・・

浅間サンラインを西へ進み、「りんご狩り」の看板を横目にr131へと曲がり、山の裾野を下って小諸市内へと入ります。小諸駅の反対側へ渡り線路沿いに進むと、懐古園の目の前に本日の目的地「草笛」は有りました。
050903112332.jpg


壁に貼られた品書きに「かき揚げ」を見つけることが出来ず、注文を聞きに来てくれたお嬢さんを待たせるのも辛く思い、「野菜天ざる蕎麦」(1,000円弱?) を注文しました。
わーい!ちょっと贅沢(^^)
しかし・・・

「桶」が出てくると思っていたのに・・・
050903110726.jpg

050903110748.jpg

でも、さすがに人気の有るお店。すごく美味しいです!
唯一つ気になったのは、「中盛り」にしておけば良かった・・・

食後は浅間サンライン方面へと戻り、チェリーパークラインを登ります。高原地帯ならではの雰囲気を満喫できるワインディングロード、ただし冬季のタイヤチェーンによるものでしょうか、アスファルトの路面は少々荒れています。
目の前に高峰高原ホテルが現れると、そこはもう頂上「車坂峠」です。
#写真右から登ってきて、道標を見つけてUターンしました
050903120110.jpg

車坂峠を進むとアサマ2000スキー場ですが、さすがに閑散としています。一旦車坂峠付近へ戻り、湯の丸林道を西へ向かいます。ハイカーが大勢歩行しており、気が抜けません。大きな駐車場が見えてくると路面も舗装となり、湯の丸スキー場のゲレンデを横切り地蔵峠に到着です。
050903122910.jpg

初秋のゲレンデをちょっと見学です。
050903123306.jpg

r94を東御市街へ向かって降りていきます。
あの山から降りて来たのでしょうか?
050903125352.jpg

R18で帰路に着こうと考えていましたが、時間が有るので布引観音に寄り道してみました。
あんな断崖絶壁にお堂が築かれています。
050903134328.jpg

お堂へ向かう途中には、こんなトンネルも有ります。
050903134220.jpg

お堂の先へさらに進むと、展望台へ行けるようです。
しかしお堂を通り抜ける際の通路で岩の天井に頭をぶつけ、大きなタンコブを作った私は、早々に引き返してきました(^^;)

さて、お昼の蕎麦で空腹は今ひとつ満たされず、少々時間を空けてのハシゴを思い付きました! が、しかし・・・ 評判の「菖蒲庵」、ご主人が亡くなられて休業中でした。残念・・・
050903141318.jpg

気を取り直し、佐久市を抜けます。コスモス街道もちょうど良い時期だったようです。
050903150126.jpg

下仁田のこんにゃく観光センターでお土産休憩。
トイレの中には、こんな素敵なポスターが貼ってありました。
060413230932.jpg

本日のお土産は「刺し身こんにゃく」とこちら
060413230953.jpg

こんにゃく観光センターのご主人(?)曰く、「手焼きだから最高に美味いよ~」

スポンサーサイト
  1. 2005/09/03(土) 22:22:26|
  2. 10年休眠セローが走る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松風堂@群馬県 | ホーム | 2005年7月31日 ヤビツ峠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cb2d.blog62.fc2.com/tb.php/26-d2fdc9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)