走れ!10年休眠セロー

10年休眠セローにまつわる記録や、日常の出来事など

2006年3月11日 津久井湖~和田峠

久々に富士宮の焼きそばを食べたい~!
だめなら信州蕎麦、いや山梨の上手い物でも良い・・・
ひとまず山中湖を目差そう!!

晴天ながらも空は少々霞んでいます。横田基地の北端からは微かに富士山を拝む事が出来ました。この調子なら、山中湖からは綺麗な富士山を見ることが出来そうです。そんな期待を胸に、高尾街道~町田街道を進みます。

が、しかし、「大戸」の交差点を右折したときに突然セローのエンジンが不調を訴えます!
クランク状に次の信号を左折したところでアイドリングが効かなくなり、その先の信号待ちで、とうとうエンジンストップ!セルは回れど火が入りません。やっと神奈川に入ったばかりなのに・・・

歩道へセローを押上げ、あれこれと試みますがダメ・・・
エンジン周りを見回すと、クランクケース上に何やら見覚えの有る気のする部品が落ちているのを見つけました。
その部品とマシンの症状からキャブ周りを眺め回し、キャブ取り外しに掛かろうとした頃、ようやく故障箇所を突き止めました。

格闘1時間、さらにコンビニでビニルテープを購入し応急修理したころには、既に意気消沈・・・
富士山を諦め帰路に付くことにしました。

でも、来た道をそのまま引き返すのもつまらないので・・・津久井湖~相模湖へと進みます。
相模湖町のR20へ出た途端、下り線が大渋滞。乗用車同士の衝突事故です。発生ホヤホヤらしく、なんとか通り抜けました。
ところで、暫く先ですれ違う救急車!距離はたいしたこと無いけど、何十分掛かるんだろぅ・・・

その先上野原にてR20から外れ、ぐるりと和田峠を越えているオヤジがいました!
060311110608.jpg

ちなみに和田峠の「有料駐車場」の看板の多さに嫌悪感を覚えたオヤジは、峠の頂上をノンストップで降りてきてしまったのでした。
ハイキングには格好の地域なのでしょうが、不愉快なポイントだなぁ。

バス転回所で一休み。セローの後ろはトイレです(^^)
060311110732.jpg

家へ戻り本格修理です。
今日のトラブル源、キャブレタジョイントですが、穴が開いています。
060311161206.jpg

本来はこうなっています。
060311162546.jpg

ゴムキャップ付きの真鍮パイプが、根元から抜けてしまっていたのでした。
2004年6月に購入&交換した部品でした。なのになぜ!?

よほどビニルテープでシールしてしまおうかと考えましたが、やはり外れた部品を元に戻しました。
ゴム系接着剤で接着した上に、シリコーンコーキング材で補強しました。
060311170512.jpg

コレでもダメなら、樹脂で穴埋めする覚悟です!
源ちゃんが生きてたら何とおっしゃるでしょう・・・ヤマハさんってば!(泣笑)

こんな冴えない一日、たまには良い勉強だったと言う事にしましょう
スポンサーサイト
  1. 2006/03/11(土) 21:30:30|
  2. 10年休眠セローが走る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2006年4月1日 東秩父村~ときがわ町界隈 | ホーム | 2006年2月15日 秩父>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cb2d.blog62.fc2.com/tb.php/43-9aaee625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)