走れ!10年休眠セロー

10年休眠セローにまつわる記録や、日常の出来事など

Fブレーキキャリパ清掃&バッテリ交換

先週から始まった変則勤務。お陰で曜日感覚を失いつつあるこの頃です。

そんな仕事の合間の勤労感謝の日、ようやくセローのお手入れを始めました。

まずは引き摺り音が鳴っていたFブレーキキャリパのオーバーホール。
111123_110538.jpg

まずはフォークからキャリパを外してと・・・
いけね! コレじゃパッドがバラせないよ~ん

再びフォークにキャリパを取り付けて。。。
久々のお手入れゆえに、作業方法を思い出すのが大変です。

さぁ、落ち着いて 落ち着いて(^^;








そうそう。これでいいのよ~

うはっ!パッドが錆び錆び~ 汚れもびっちり~
111123_112454.jpg
でも、ピストンはスムースに動くからオーバーホールまでしなくていいかぁ。

というわけで、ピストン周辺の汚れは可能な範囲のみウェスで除去。
パッドはバラしてワイヤブラシで軽く擦って錆び落とし、
さらにパーツクリーナをブシュゥー。


気温も低く、パーツクリーナの乾燥が遅いので、
待ち時間に、細目のヤスリでボルト磨き。
111123_122004b.jpg
頑張ったわりに、あまり綺麗になっちゃいないが・・・

まぁ、愛情が伝われば好しとしよう(^^)

そして、丁寧に慎重にグリスアップ。

再び組み付けたキャリパの写真は無いものの、ピッカピカになりました(たぶん)



さてと、ちょっくら走って動作チェックをしながら、お次のオイル交換に備えるとしよう。


と思いきや、今度はエンジンが掛からない・・・

またブースターケーブル!?
いや、もう潔く諦めよう












で、こちとら仕事だというのにド快晴の土日に、手配しておいた物が到着。
111128_093330.jpg
国内メーカ製品は相変わらず高価なので、「台湾湯淺電池」製に初挑戦です。
なんせ、送料込みで3,800円なもので。



さてさて、休暇となった本日・曇天の月曜日、交換作業開始です!


折角の機会なので 新旧比較を。
外装のバリ等も無く、綺麗な仕上がりしてます。
111128_095356.jpg
7年以上頑張ってくれた旧バッテリ、国内メーカ製とはいえ、「Made In Thailand」だったのね。

111128_095700.jpg
刻印も読めるように、綺麗に拭いてやれば良かったのに・・・反省


電解液注入部の蓋が硬くて、手で押してもきっちり納まらず、
木片とプラハンで軽くコンコン、なんとか綺麗に閉まりました。
111128_100016.jpg
そんでもって取り付けも難無く完了。



さぁ、エンジン始動じゃ~~~
セルモータも元気に回ってるぞ~
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

しかし、合間をおいて4~5回試みるも、エンジンは一向に掛からず・・・




プラグは先日チェックして問題無いし。
キャブにも燃料供給されてるし、、、ココは試しにあれかぁ?

netでどなたかが書かれていた「キャブレター内のガソリン、全部抜き」







さぁ、どうだ?

キュルキュルキュル・・・ボボボボボーッ
やったー 一発OK!





前回エンジン掛けた時も、同程度のブランクが有ったはずだけど・・・

あの時は、フュエルタンク装着直後だったから、
キャブレターの中身もフレッシュだったわけかな。




ともかく、めでたし。めでたし。

今日のお天道様は肉眼で見つめることが可能なほど、雲だらけの空だけど、
セローのエンジン音を聴いたら、走る意欲が湧いてきたぞぉ

気晴らしの散歩にでも出てみようかな。



スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 17:05:31|
  2. セローのお手入れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<平日の富士登山 | ホーム | 晩秋の諏訪湖畔>>

コメント

ご苦労様でした!

でっ・・・
「台湾湯淺電池」ってのがあるんですね。ユアサというと「国産」という感じでした。

私のも、当然「中国製」ですが、価格を考えれば結構使えますね。
  1. 2011/11/28(月) 17:21:25 |
  2. URL |
  3. アマネ #xxVT3bwU
  4. [ 編集]

アマネさん

「台湾湯淺電池」、会社設立時には日本企業の技術供与的関与(?)も有ったり、
巷の噂では現在もOEM供給していたりと見聞きしますが、
今回の品は、オリジナルブランドでの輸出品のようです。

韓国、台湾、中国とも、ずいぶんと品質が向上しましたね。
  1. 2011/11/28(月) 22:40:20 |
  2. URL |
  3. 2d #scCpMm/6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cb2d.blog62.fc2.com/tb.php/434-d094586e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)