走れ!10年休眠セロー

10年休眠セローにまつわる記録や、日常の出来事など

ホイールキャップの荒療治

年末年始休暇にセローをチェックした際、フュエルタンクから燃料漏れ再発?
詳細は未確認ながら、ただでさえ寒いのにショックを隠せないでいるオヤジです。

さて、そうは言っても車は必需品。
寒さに負けじとスタッドレスタイヤにやっと交換したのは先週末の事。

ところが、ホイールキャップの爪が折れちゃって。。。
130120_113618.jpg
こんな恥ずかしい状態に・・・


なので今週末は補修作業。
130120_115732.jpg
見た目も偏芯度合いもいい加減なもんですが(^^;










既に8シーズン目を迎えたアルミホイール。

数年前からポロリ、ポキッと爪が折れ始め、
4枚中の2枚にいたっては2箇所しか爪が残っていません。
130120_105938.jpg

折れた爪のほとんどは手元に残っていやしないし。
130120_110028.jpg





どうやって補修しようかと悩み抜いたこの一週間。
プラスチックのみに頼るのは心許ないし。。。

よし、昭和の人間らしく金属で行こう!

で、まずは近所のホームセンターへ買出し。
130120_105514.jpg
中途半端なパッケージでしか販売していないから、結構割高なのよねぇ。


さて、最初の作業は、爪の無い箇所にドリルで穴あけ。
130120_111034.jpg

130120_111056.jpg


そしてビスを差し込み、ナットで平ワッシャーを固定し、ひとまず完成!
130120_113004.jpg

130120_113238.jpg





あとはパチッとアルミホイールに嵌め込むだけ、と思いきや・・・

硬くて入らないでやんの~

ちゃんと採寸して爪の位置に合わせて調節したから、
ホイールキャップやビスの撓みでなんとかなれと祈っていたのだけれど。

いや、まてよ
ビスを一旦緩めて嵌め込んで、ビスを締め付けたらOK!
130120_115732.jpg


でも、やっぱりバランスが悪いなぁ・・・

また時機を見て追加工しよっと。
#なので部品も含めて簡単に記録をば

スポンサーサイト
  1. 2013/01/20(日) 17:57:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上毛三山も霞む冬の日 | ホーム | 太平洋も雲の下>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cb2d.blog62.fc2.com/tb.php/478-0fdbe60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)