走れ!10年休眠セロー

10年休眠セローにまつわる記録や、日常の出来事など

2006年6月24日 秩父(吉田)~奥多野

セローが復活してから、訪れてみたい場所のひとつに「城峯山」が有りました。
今の季節では展望は期待できませんが、のんびりと出発です。

家を出発したのは朝8時過ぎ、ひたすらR299を進みます。比較的空いてはいますが、やはり流れはのんびり。そんな流れに身を委ね、1時間半後に「道の駅龍勢会館」でトイレ休憩です。
060624094124.jpg

地図を再確認してみると、城峯山へ登るにはこのままバイパスを直進して右折です。しかし、以前netで見た「フルーツ街道」、どんな場所なのか、家族サービスネタとしても拝んでおこう! と、寄り道することにしました。

旧吉田町中心街に入ろうかというところで、何やらレトロな建造物が出現しました。
060624095110.jpg

元々の用途や歴史に関する説明は有りませんでしたが、「有形文化財」になっているようです。
060624095142.jpg

最近になって復活したという「造り酒屋」の前を惜しみながらも通過し(笑)、街を抜けると開けた風景とともに「フルーツ街道」が現れました。
060624095732.jpg

看板の近くで目に付いたのはブドウ畑です。
山々に囲まれた土地に、このストレートな街道はビックリでした。
060624095520.jpg


さらに先へ進むと、「みどりの森ブルーベリー組合」による「秩父ブルーベリーの里」が本日オープン!というので、立ち寄らせて頂きました。
060624104532.jpg

といっても、オヤジの一人旅にそんな予定が有ったわけではありません。
前述のように「フルーツ街道」を一度は拝んでおこう、それだけのつもりだったのです。
が・・・「フルーツ街道」の道端に、「楽園先生」のお姿を見つけてしまったのです。某HPの管理人さんであり、公私にわたるご活躍と情熱に、社会人としての生き方の術を教わるのみならず、勇気と夢を授かっています。
なので半ば夢見心地でお声掛けしてしまったのですが、あれよあれよと優しいお言葉に甘んじて、「楽園先生」のライフワーク(?)の一つであるブルーベリー畑へとお邪魔する事になったのでした。
060624104656.jpg

オープン初日の慌しい最中にもかかわらず、皆さん 優しく迎え入れて下さいました。

今年はブルーベリーも生育が若干遅く、食べ頃までにはもう暫く日数を要するそうです。
060624104018.jpg

みどりの森ブルーベリー組合の皆さん、組合長さんご夫妻、役場の方、そして楽園先生、本当にありがとうございました。
060624105812.jpg

次回は子連れで「ブルーベリー狩り」を楽しませて頂きます!
bb060624-1a.jpg

bb060624-2a.jpg


さて、バイパスを龍勢会館方向へ進み、城峯山キャンプ場の道標を頼りに左折して、細い道をひたすら登り続けます。
ほとんどの区間が1.5車線も無いのではないかというくらい細い道です。それでも、全線舗装なのが不思議でなりません。杉の木に覆われた薄暗い道を抜け、擦れ違ったのは軽乗用車1台のみ。城峯山の頂上にほど近い石間峠に到着です。
060624113822.jpg

辛うじて草木の陰から、標識に記された「石間峠」の文字が認識できます。
060624113806.jpg


やはり空は霞んで展望が利かないので、山道の雰囲気を味わいながら神流川、R462へ向かって峠を下ります。
途中、脇道に逸れてみると、数件の民家の脇を抜けた先にメルヘンチックな建物が見えてきました。
今でも機能しているのか否かわかりませんが、分校というのも今では珍しく思います。
060624120210.jpg

太田部橋を渡り、R462に抜けたらそろそろ昼食の時間です(^^)
万場の街で麺類でもと思ったものの、迷いに迷い、結局、道の駅万葉の里までやって来ました。
060624130634.jpg

施設内の食堂でワンパターンの「天ざるそば」(800円)です。
060624124110.jpg

ちなみにこの食堂、座敷席しかないと思っていましたが、厨房を挟んだ反対側(トイレ寄り)に、そこそこの規模のテーブル席も有ることを、食後になって知りました。靴の着脱が面倒なのでテーブル席が良いですよね(^^;

食後はまた寄り道です。船子川の道を北西に登っていきます。この道、残念ながら御荷鉾スーパー林道には抜けられないようです。林道桜井沢線に繋がり再びR462に戻ることになります。しかし、尾根伝いの道からは埼玉側の山々の緑が映えて、なかなかの眺めです。
林道桜井沢線を下る途中、開けた視界に飛び込んで来たのは、要塞か!? とビックリ!
060624133332.jpg

「叶山」という名の採掘中の石灰石鉱山だという事を、帰宅後に知りました。秩父の武甲山と同じように削られ続ける運命のようです。
その後は大人しくR299で帰途につきますが、志賀坂トンネルを抜け小鹿野町に入ってから、「日本一の仁王尊」を見学。日本一の一本石造りだそうです。
060624143914.jpg

秩父市街に入りかけてもう少し寄り道。歴史を感じる建造物、どうやらお手入れ中のようです。
060624152218.jpg

正面の看板には「旧秩父駅舎」と記されています。
1914年の建築、1984年に現在地に移築されたようです。
ということは・・・現役中に利用させて頂いたことが有りそうです(^^;

この後は羊山で“まったりと”お茶休憩し、のんびりとR299を戻りました。
060624153708.jpg

今日は233kmを走り、前回満タン給油時にリセットしたトリップメータは約250km。予備タンに切り替えずに済んでしまいました・・・

そして今日の貴重なお土産はコレ!!
060624172912.jpg

冷蔵庫で冷やしておいて、夕食後のデザートに。
子供たちも大喜びで、あっという間に平らげてしまいました~

スポンサーサイト
  1. 2006/06/25(日) 00:04:12|
  2. 10年休眠セローが走る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<すてーき亭 狭山店@埼玉県 | ホーム | 讃輝@埼玉県>>

コメント

城峯山?
どこだー!!
と、言う事で地図閲覧
えっ!!埼玉と言うより群馬
びっくり仰天の場所でした

皆野町と小鹿野町は歌舞伎で有名で私の一部仕事のお得意様です(笑)
今度、機会があれば私も襲撃したいですね

龍勢会館
龍勢って花火でしょ 一度は見たいと思っているんですが・・・・

写真を見て一瞬、ニコニコ亭襲撃?と勘違いしました
http://maskweb.jp/b_bumobank_1_0.html
こういう建築物ね(笑)
似た様なもんです ニコニコ亭の曲がり角のあれも最初は銀行でした

***
ちなみに2dさん襲撃の埼玉県北西部
私は金鑽神社周辺が大好きです
  1. 2006/06/26(月) 05:10:44 |
  2. URL |
  3. mag #-
  4. [ 編集]

偶然

2dさん、こんにちは。

24日に叶山の方へ行ったんですね。
私は用事があったので走れなかったのですが、当日ツバキッキさんも叶山付近のダート林道をあちこち回っていたようです。(林道の具体的な名前は覚えていませんが…)

いよいよ夏ですね。
暑い時は涼しいところへ行くのが一番!
ってことでキャンプツーとかも計画しようかなと思っています。
家族のある方は色々と大変かと思いますが、もし予定が空くようでしたらいかがですか?
(まぁテントとシュラフは必須ですけど…)
  1. 2006/06/27(火) 17:23:25 |
  2. URL |
  3. わた #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>magさん
城峯山まで群馬に奪い取られちゃ大変です(笑)
あの建物は元銀行でしたか。貴重な情報、ありがとうございます。ニコニコ亭の曲がり角のほうが何やら歴史を感じる気がしますね。

金鑽神社、うをっ!ネットで調べると、見覚えの有る大きな鳥居
国道沿いという恵まれない環境ではないですか~
と思いきや、一歩足を踏み入れれば別世界?
バームクーヘン至近!だし


>わたさん
ご訪問ありがとうございます!
ホント久々に走りました!ダート率0.01%位でしょうか(笑)

キャンプツー、やはり気になってたまりませんね~
4輪ならば準備万端なのですが・・・
ここは迷わず、わたさんと同じテントかなぁ
その暁には「しまなみ海道」!?
いえいえ、体力がついていけません。とほほ・・・
  1. 2006/06/27(火) 22:22:34 |
  2. URL |
  3. 2d #scCpMm/6
  4. [ 編集]

2dさんへ
渋川市の公民館は近々、解体だそうです
ご参考までに以下どうぞ(笑)
http://www2.wind.ne.jp/heso/rekisi/index.htm
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Live/1969/shibukawa2.html

>>金鑽神社、うをっ!ネットで調べると、見覚えの有る大きな鳥居
しめしめ
知らなかったのね♪
あそこらは本当に深淵でちょー大好きですよ

金鑽神社の至近に金鑽大師もあります
厄落とししてください(大笑)
  1. 2006/06/28(水) 06:19:17 |
  2. URL |
  3. mag #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cb2d.blog62.fc2.com/tb.php/71-172753cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)